SITEMAP

業務の負担は記帳代行利用で大幅に軽減できる

電卓とお金

こじんまりした小規模な会社で、スタッフの誰しもがいくつかの業務を兼任しているとしても、記帳を兼任で処理しているスタッフの負担は、特に大きいと考えられます。それというのも、各種の経理関連業務の中でも、記帳業務は特に情報の処理量が大きい上に、一つ一つの処理で悩んだり迷ったりすることも多いためです。特に、仕分けの仕方がよくわからない案件は、あちこちに質問したり自分で調べるといった対応が必要になり、記帳業務の負担が増える一つの要因となっています。
このような非効率なやり方を改めるには、記帳代行を導入するのが最善と言えるでしょう。最近は、外注で業者にお任せできる仕事の幅が随分と広くなりました。記帳代行もその一つで、請求書、領収書などの文書を業者に渡すことで、記帳業務をほぼ丸投げできるという非常に便利なサービスです。兼任で、簿記や会計のことを良く知らないスタッフが担当するのは厳しい仕事ですが、専門のスタッフを新たに雇い入れるのは、人件費負担の面でハードルが高いこともあるでしょう。そんな場合は、記帳代行サービスをうまく活用することで、記帳の品質面、経費面の両者において満足できる結果を得ることが出来るはずです。

納税の際に困らないよう記帳代行を導入するのがおすすめ

外注で対処できるものと社内で処理する業務を上手く振り分けることは、仕事を効率よくかつコスパよく回していくために必須の手順と言えます。経理関連業務に関しては、会社のお金に関する情報を扱うため、社内処理の対象とする経営者も多いですが、内容によっては、外注扱いにするのが妥当と考えられるものもあるでしょう。記帳のように、業務ボリュームが大きい仕事については、社内の限られた人員で確実に処理するのは無理があります。幸いにして、記帳代行というピッタリのサービスが利用できますので、導入に向けて検討をスタートしてはいかがでしょうか。
記帳代行を利用する方が社内処理よりもいいと考えられるのは、単に業務ボリュームが大きいからというわけではありません、業務内容に照らして、特に、必要な知識や経験に基づいたクオリティの高い仕事をしてもらう必要があるからという理由も大きいです。それというのも、記帳が正確でなければ、その会計年度の所得額を正確に計算できません。所得額の計算がいい加減だと、納税金額を正確に決定するのが困難になります。税金をめぐるトラブルは、会社としては最も避けたいことの一つです。簿記や会計に詳しいスタッフにサポートしてもらえる記帳代行、是非、利用しましょう。

記帳代行で煩雑な業務から開放される

記帳代行とは、領収書や請求書、預金通帳などを渡すだけで経費処理まで代行してくれるものです。一般的に会社経営における一番の弱点は経費処理ではないでしょうか。今回ご紹介する記帳代行業務の特徴は、法人、特に中小企業の経営者が主業務とは異なる業務内容で最も時間をかけるもの、日々の経費処理、そして年次決算報告の時間を短縮することによって、経営資源の集中が可能になることです。
日々の経費処理を代行することにより、経営に関わる売掛金などの状況をほぼリアルタイムで把握することが出来、年次の決算報告に対しより正確な現状認識が可能になります。出来たばかりの中小企業は経理担当者を雇う余裕がなく、また求人がうまくいくとも限りません。さらには税理士に対してもなるべく支払う金額を抑えたいというのが本音でしょう。
そこで、記帳代行を会社に導入することで、人件費などと比べた場合、安価に経費処理業務をすることが可能になります。そのような点で、会社経営に対する金銭的・人的ハードルが下がり、昨今の副業解禁の社会情勢を鑑み、起業をするという選択肢が拓くことが出来ます。その結果、日本の産業への裾野が広がっていくという社会に対しての好影響も期待できます。

CHOICES

鉛筆とノート

記帳代行で物理的に時間のかかる仕訳処理を効率化できる!

経理業務に携わるのは、何も経理部門の担当者だけではありません。各部門でも売上や原価、経費などの仕訳伝票を起票しているなら、経理部門以外でも経理業務に時間を…

MORE ▶